美容も投資も同じで、コツコツ積み重ねが大事って本当?美容女子は綺麗をこう考える

(写真=Zoom Team/Shutterstock.com)

お気に入りのコスメを使って髪を綺麗に整え、つま先にも気をつける美容には余念のない美容女子たち。時間があるときには癒やしを求めて、エステやスパにも行くことがあります。そんな彼女たちの中には美容への意識が高いだけではなく、貯蓄もできている人もいます。美容にお金を使えば貯蓄できないと思いがちになりますが、お金のことを考えられる人はどのような意識を持っているのでしょうか。

美容も投資だと思う?

洋服や靴だけではなく、コスメなどを変えるだけでも、表情が明るく積極的な行動ができるようになる人もいるでしょう。その結果、仕事がうまくいったり、生活がより豊かで幸せになったりするなど、プラスに好転することも多くなります。そんな法則を知っている美容女子は、美容を通して自分自身に「投資」をしているといえるでしょう。

もちろん、コスメは消耗品ですからいずれなくなってしまいますが、美は1日にしてならずという言葉にもあるように、毎日続けることが大事です。美容女子は今日の自分のスキンケアが未来の自分を作る、日々継続することが大切だということが分かっています。そのため、こういったコスメを使って未来への自分へ投資をしているのです。

美容女子は、どうやってお金をやりくりしているの?

ずっと綺麗でいたいという願望は誰にでもあるものです。しかし、美容にお金をかけようと思っても、収入が毎月増えるわけではありません。そのため、限られた収入の中でやりくりをしないといけないのです。美容女子はやりくりをうまく行い、貯蓄にも精を出しているのです。それでは、どのようなやりくりや工夫をしているのでしょうか。

●美容かけるお金を決め、計画的に使っている
コスメ、美容院、エステ、スパ、ネイルなど、魅力的な美容はたくさんありますが、手当たり次第やってもお金はいくらあっても足りません。そのため、美容女子は自分のできる範囲で優先順位を決めて美容に取り組んでいます。そして、綺麗な容姿を持続しながらお金を貯めているというのが実情です。

せっかく美容を意識しているのに、美容にお金を使いすぎて生活が苦しくなっては本末転倒です。美容女子は1ヵ月、もしくは年間の美容費の限度額を決めてやりくりをしているといえるでしょう。

●プチプラコスメでも一点豪華集中投資
たとえば、デパートコスメをフルラインでそろえると効果がでやすいと思うかもしれません。しかし、フルラインでコスメをそろえると数万円から数十万円かかる場合もあります。しかし、美容女子をみていると、必ずしもフルラインでコスメをそろえているとは限りません。たとえば、化粧水などはプチプラコスメを使っていても、美容クリームだけを高価なものを使うなど、使い分けをしている様子が見受けられます。

●ネイルやトリートメントは自宅美容やクーポンの活用も
ネイルやトリートメントはサロンでメンテナンスをしてもらえれば、綺麗な容姿をずっと保てます。しかし、毎月サロンに通うと美容費もその分あがりがちです。そこで、美容女子の中には自宅でネイルやトリートメントをしている人もいます。サロンに行くよりも自宅で丁寧にトリートメントやネイルケアをすることでよい状態を保てるかもしれません。

サロンへ行ってプロの施術を受ける機会でもクーポンを活用すれば安上がりです。効果的に活用するのがよいでしょう。

本当に貯蓄上手な美容女子もいるの?

美容女子は美容費を確保するための工夫を重ねて、いつの間にかお金の管理ができるようになっています。一見お金をたくさん使っているように見えても、実は金銭感覚がしっかりしているのです。お金が貯まりやすい美容女子は美容費をうまくやりくりして、積立定期預金をしたり、投資信託や少額投資非課税制度(NISA「ニーサ」)で少額積立に投資したりするなど積極的に取り組んでいます。美容と一緒で将来の自分の生活を彩るのは、現在の積み立ての成果だと考えているからかもしれません。あなたも、将来のために継続して積み立ててみませんか。

>>イデコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【オススメ記事】
大人女子の華麗なる優待ライフ
離婚した後だけれど、別れた夫の年金をもらえるの?
エステ費用のためにローンを組むのって何がいけない?
結婚式資金を親から一括贈与してもらうってどういうこと?
妊娠・出産費用、いくらかかる?どうまかなう?