働くママは超多忙! 時間とお金をどうやりくりすればいい?

(写真=George Rudy/Shutterstock.com)

働く女性が増え続けていても、家事育児の負担は依然として女性の方が大きいままという現実があります。頑張って平日を乗り切りようやく迎えた休日も、家事と育児に追われ、結局疲れが残ったまま平日仕事に向かうというママも多いことでしょう。毎日息つく暇もないのがワーキングママです。

そんな生活を送っていては、いつかは張り詰めた糸が切れるように頑張れなくなってしまいます。そうなる前に、たまには無理をせず、お金を払って自分が楽するためのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。自由時間を楽しんで、心と身体をリフレッシュさせてあげましょう。

平日も休日もやることだらけ! ワーママは365日休みなし

女性の社会進出により共働き世帯が増加し、出産後も働き続ける女性が増えています。平日は仕事の忙しさやプレッシャーに追われ、勤務時間終了と同時に保育園へお迎えにダッシュするというママもいることでしょう。

そんな忙しい平日の一週間が終わり、やっと休日を迎えたとしても、平日にできなかった家事は休みの日にまとめてやらざるを得ません。おかずの作り置きや細かいところの掃除など、平日に少しでも楽をしようとすると結局、休日にしわ寄せがきてしまいます。それに加えて、土日は保育園が休みなので子どもの世話もしなくてはなりません。

全部やろうとすると到底ママ一人でこなせる量ではありませんから、パートナーの協力が不可欠です。ところが、家事が不得意なパパだと、料理をしてくれたもののキッチンがものすごく汚れていたり、食器洗いを頼んだけど水を流しっぱなしにしているのが気になったり……。ありがたいけれど、自分とやり方が違うので逆にそれがストレスとなってしまうことも。そんな時、毎日頑張っているママだからこそ、たまには家事を代行してくれるサービスを利用して上手に手抜きをしてみてはいかがでしょうか。

食材や日用品は宅配に、時短料理キットでレシピに悩む時間も省く!

まず、食料品や日用品の買い物には、定期宅配サービスやネットスーパーが利用できます。定期宅配サービスは、カタログやスマホアプリから欲しい商品を注文し、週に1度など決まった曜日に配達してくれるサービスです。食材だけでなく日用品も充実していたり、時短調理キットがあったりと様々な会社が特色のあるサービスを打ち出しています。国産・無農薬にこだわるなど、食の安全をアピールしているサービスが多いのも特徴です。

また、妊娠中や小さい子どもがいる場合には配送料が無料になったり、離乳食に使える冷凍食品を取りそろえていたり、子育て世帯に特化したサービスを提供している会社もあります。価格は多少割高であっても、重い荷物を運ぶ必要がなく、離乳食作りの手間やレシピに悩んでいる時間が省けるなどのメリットを考慮すると、お釣りがくるくらいの満足感が得られるのではないでしょうか。

買い物にはネットスーパーという選択肢もあります。近くの店舗を選んで注文すれば、最短で数時間後に配達してくれ、通常の買い物と同様にお店のポイントが貯まるというところも多いです。まとめ買いすると送料無料となる場合が多いので、買いたいものがたくさんあるときなどに利用するといいでしょう。

掃除、洗濯、料理など家の中のことは家事代行で

掃除や炊事などの家事には、家事代行サービスという選択肢があります。家事代行というと、他人を家にあげるのに抵抗感があるかもしれません。しかし、経済産業省の「平成26年度 女性の活躍推進のための家事支援サービスに関する調査」によると、家事代行サービスを利用した人のうち、90%もの人がサービス内容について「満足している」もしくは「まあ満足している」と回答したとの報告があります。サービスを利用して得られたメリットについては、「家事に対する心理的・肉体的負担の軽減」「自分の時間が確保できた」に同意する人が多いこともわかりました。

サービスを利用したことで自分の時間ができ、リフレッシュできることに間違いはなさそうです。プロに任せることで、掃除のコツや便利な道具などを教えてもらえたり、今まで食べたことのない料理のレシピを知ることができたり、また違ったメリットもあるかもしれません。利用料については運営会社やプランにもよりますが、1時間あたり2,000円~4,000円程度が相場のようです。決して安いとは言えませんが、2週間に1度や月に1度など、可能な範囲で利用するだけでも忙しい毎日の助けになるはずです。

家事ストレスの問題はお金で解決!

共働き家庭が増えるにつれ、今回紹介したような便利なサービスがどんどん充実してきています。仕事も家庭もどちらも頑張りたいと思う賢いママたちは「お金で時間を買う」ことを始めています。もちろん、節約もしたいところではありますが、忙しくてどうしても時間や気持ちに余裕がないときは、他人に任せられるところは任せてしまいましょう。リフレッシュして次の日からまた頑張ろう、と前向きな気持ちになるなら、とても価値のあるお金の使い方になるはずです。

>>イデコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【オススメ記事】
大人女子の華麗なる優待ライフ
離婚した後だけれど、別れた夫の年金をもらえるの?
エステ費用のためにローンを組むのって何がいけない?
結婚式資金を親から一括贈与してもらうってどういうこと?
妊娠・出産費用、いくらかかる?どうまかなう?